廃墟 近代化産業遺産 豊後森機関庫跡
豊後森機関庫跡
【単独潜入】 豊後森機関庫

 

参考:玖珠町商工会

参考:豊後森機関庫保存委員会

参考:九州ヘリテージ

 

上の写真は、上記HPより引用

 


全景(北側)


内部


内部


全景(南側)



転車台操作部

 


転車台全景

 

 

 


機関車が残っている!!

 


おお!こんな小さいものなのか?想像していた機関車と違う。。。。

 


これは「ゆふいんの森」とかいう電車ではないか?しかしこんな小さかったか?

 


ゆふいんの森 車内:ハンドルがついている!!軽量化なのかベニア板で造られている。。。。
座席はパイプ椅子。。。しかし、どちらかと言うと自動車なのではないかwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 


太平洋戦争時には機銃掃射を受け、その弾痕が今でも残っている。その際に作業員3名が亡くなった。
悲しい歴史が終わったが、1970年(昭和45年)ディーゼル機関車に移行が進み
この場所もその役目を終えた。。。。

 

久大本線豊後森駅東側にある機関庫跡。2009年に「旧豊後森機関区の関連遺産」として扇型機関庫、そして
転車台が有志の保存活動、署名運動の末、近代化産業遺産に認定された。

 

廃墟資料一覧に戻る

遺構調査機構へ戻る