マインクラフト

 

旧住友赤平炭鉱竪坑櫓

 

(現在は敷地外、外観のみの見学となっているようです)

 

1895年に空知炭礦(歌志内市)の疎水坑が空知川に向けて開設されたのが、

赤平最初の炭鉱着工と考えられています。


その後1913年に下富良野線が開通し、沿線の炭鉱開発が急速に進みました。1918年に茂尻炭礦、

1937年には豊里炭鉱、1938年に住友赤平炭鉱、赤間炭鉱と大手4炭鉱が開坑。赤平は石炭産業とともに発展し、

1950年代には鉱業都市としてその最盛期を迎えました。

しかし、その後のエネルギー革命により炭鉱の合理化が進み、1994年の住友赤平炭鉱の閉山により約100年に及ぶ炭鉱の歴史に幕が下ろされました。

 

1963(昭和38)年に完成。総工費約20億円。
 高さ43.8メートル、深さ650メートル。
 住友赤平炭鉱は1938(昭和13)年に開鉱し、1994(平成6)年に閉山。
 最盛期の出炭量は190万トン/年、約5千人が働いていました。



赤平観光協会 HPより

 

 


赤平観光協会 HPより

 

 



完成式典の様子 赤平観光協会 HPより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


竪坑階段よりスイッチャーを撮影

 

 


竪坑内より上部を撮影

 

 


竪坑階段より正面スイッチャーを撮影

 

 


竪坑裏側を撮影

 

 

 


竪坑階段より裏側下部を撮影

 

 


竪坑内より正面ゲートを撮影

 

 


竪坑階段より上部を撮影

 

 


竪坑階段より下部を撮影

 

 

 

 

 

 


竪坑正面ゲートを撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


巻上機室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺構調査機構トップへ戻る

 

廃校 廃坑 廃鉱 地下 竪坑 立坑 マイン