坑道 鉱山 廃鉱 水没 洞窟 鉱石 廃坑道
坑道
【合同オフ】 深い泥

探検友人である、Zunn氏が見つけた坑道。茶色い水が川に流れ込んでおり、
川の水が変色している。
二か所の入口があるが、一か所は土嚢で塞がれており、内部では
繋がっている。坑口を見るからには大きな坑道には見えず、
この方角の山には鉱区が無い事から試掘坑道ではないか?
と思われた。しかし、坑道の大きさや残る遺構から、規模が
大きな坑道だった。


中央から少々右に坑口が残る。坑口には土嚢が積まれているが、その間から水が流れている。
鉱毒と思われそうだが、ただの鉄分が多いだけであり、硫黄分が殆ど無く、川への影響は何ら無い。
鉱毒が含まれる水の色はもっと酷く、坑内の付着物に違いがある。

 

 


坑口。上からの落下物に落葉が溜まりダムの様になっている。


 


坑口から坑内を望む。かなり奥まで泥水が溜まっているようだ。何度も言ってしまいますが、この水に
鉱毒は含まれていません。

 


 

 


空間が広くなる。分岐でもしているのだろうか?

 

 


これはすごい!コンプレッサーが2台鎮座している。巨大な鉱区なのではないだろうか。

 




足に触るものに気が付いた。軌道がそのまま残っている。しかも太いレールだった。
小さい物と思われたが、その積載する重量や鉱車の大きさから太いレールが使われるとの事だ。
かなり大きな規模を持つのではないか?

 

 

坑内状況動画 その1 youtube版

 


いつまで水没区間が続くのだろうか???
 

 


何か機械を置いた土台だろうか?それともバッテリーロコ用のバッテリー置場か?
 

 


坑口側を撮影。分岐があったが、最後には繋がる。鉱車の複線用と思われる。
坑口側に緩やかに水が流れていた。

 

 


水没区間が終わりそうだ!その先に水が溜まっていない。しかしその手前は。。。。

 

 

坑内状況動画 その2 youtube版

 


分岐があり、2方向へ坑道は続く、左手はこの様に崩落し重い岩石が積み重なりダムの様になっている。

 

まずは左手のダムの先をパスし、奥へ進んでみよう。

 


出水がなく、乾いた感じの坑道になる。しかしどこまで続くのか?

 


残念ながら、300mから350m程だろうか?行止りとなった。。。。

 

先ほどの分岐まで戻ってみよう。

 

 


端の部分の岩石をどかし、水深を下げられないだろうか?しかしながら岩石は重く小さな物しかどかす事が出来ない。

この掘削がどういう事を引き起こすか???
この影響で、坑口までの水深がアップし帰る事が出来なくなるのでは?
坑内全長が長く、その分貯水体積があり、水が抜ける「水抜き坑口もあるので問題は無いだろう。

最初は泥の下に岩石があるとは思わず、泥だけの場合急激な決壊を考え近づかなかった。

水が流れる溝を掘削しダムの先の水深を下げてみたが、突き進んだドイテフ氏は「泥の深さが危険」との事だった。

この時の映像を探検の仲間、「風越 龍」氏が撮影していた。
以下の動画の著作権は「風越 龍」氏が所有しています。転載はご遠慮ください。

風越 龍氏撮影動画 「ドイテフ」氏突入

更に奥があるのだろう。推測であるが、この坑道は最下部のズリ捨て用の坑道ではないか?
ダムの先、更に奥行きがあり上部からのズリをここで受け取り、川に捨てていたと思われる。
しかし、この山側には鉱区がないはずでは??? 上部の坑道はどこから入るのか?
川の反対側には多くの鉱区と坑口があるのだが。。。。此方側に無く鉱区が無く、試掘がいくつかあるだけだ。
それとも、こちらの山側にも見えないだけで、多くの坑道が残るのだろうか?

遺構調査機構トップページに戻る