佐渡 鉱山 廃鉱 坑道 地下

 

Mega Mine

 

撮影日 2012年1月

この坑道は穴菌隊の隊長との合同探索で発見した。
坑道の存在は確認していたが、
頑固な施錠がされ、入坑には15mの竪坑から潜入するしか
方法が無いと思われていた。
しかしながら大鉱山、別の坑口は必ずあるのではないか?
過去の道らしきものを探そうではないか?と
様々な計画の下で周辺を捜索した。

隊長は、この崖したが怪しいな?と言う。
相当前の踏み跡を感知したらしい。
地形から人物が降りやすい形状、何か感じるのだろう。
坑口があれば季節によって暖かい空気、涼しい空気が周辺に漂う。
それにつれて坑道特有の土臭い香りも感知できる。

確かに私も水の音に「何故、川の無い場所から水の音がするのか?」
鉱水らしきものが流れているのではと思っていた。

目星をつけた場所を降りてみた。

そこにはレールなど廃材で簡易的にカモフラージュされた
坑口が目に付いた。
もう一つ水の音がした場所はここから右に10mほどの辺りに
廃水を目的とした坑口が存在した。
入坑しやすい坑口から内部に入る。

しかし、時間帯が夕暮れに近く、坑口から推測し
大きくないだろうと思い最低限の装備で
テスト入坑した。

しかしながら、奥行きはあり、高さはさほどではなかったが、
横に広い坑道に度肝を抜かれる。
「これはヤバイクラスの坑道かもしれない」
更に足を進めると天井高10mほどになるが
下に下りるには5m近い崖を降りる事になる。
現在の装備では行く事ができない。

周辺を探してみると下に降りれる小さな穴を発見した。
恐らく私達の立っている場所から鉱石を投げ入れ
下で受け取るためのなだらかな斜坑のようだ。
見事、下に下りるルートを発見した。
そこには軌道があり、右手には頑固に施錠された坑口方面だろう。
左手にはこの鉱山の中心部へ行くはずだ。
撮影装備は置いてきてしまったが、
記録用にビデオカメラを担いでいた事が幸いで
一応動画を記録する事は可能だった。

この時点で長丁場になる事が予想されたので、
明日に再度入坑する事になる。

私達の探索では情報の漏洩を防ぐために
発見者が鉱山、坑道の名前を刻む事になる。
今回この坑道は隊長の名前が名づけられ
坑口も○○坑と名前がつけられる。
水が流れていた入坑の面倒な廃水坑は
藤第一坑口となるが、この坑口からは
入る事はまずないだろう。残念だw
だが今回は私が撮影した動画で
興奮から「あらら、アララ!」とうるさい
状況から通称で「アララ鉱山」と不名誉な名前になってしまった。

第一次偵察時の動画

次の朝、歩き回る長丁場を想定し
重量を削減するがそれなりに活動できる
装備を選定した。
第一に重要な一丸レフカメラ。
更に故障を想定し予備の一眼レフ、
防水・撮影方角が記録されるデジタルカメラ
三脚、メインのライト、
ビデオカメラ、ビデオ用照明、
サブライト、すべての機器の予備バッテリー、
飲料水、食料、医薬品、
減らしても重量は15kgにはなっていた。
先が見えないため、ロープや下降器の類は置いていく。
通気が良いので、マスクやボンベも必要はなさそうだ。
トロッコに乗って行くなら楽なのだが
廃坑ではそうは行かない

この巨大と推測される坑道へ
入坑した。

翌日入坑時の動画1 (3:56より翌日編スタート)

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

翌日入坑時の動画2 坑内新道捜索

 

 

 


軌道の左側は陥没している。左下にある空間が原因。

 

 

 


左手には鉱石を流す斜坑があった。

 

 

 

 

オペレーターの「きよしろう」氏と
記念撮影

 

 

 


これはどうやら車輪のようだ。ここまで頑丈な金属の塊が腐食してしまう。

 

 


地底湖エリアにて

 

 


地底湖エリアにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


右下にも軌道が走っている。

 

 

第一期調査時動画 続き

 

 

 


左下にも軌道が見え真下を通過する感じになっている。

 

 

0m坑道付近
これより下のフロアはすべて水没している。

 

 

 

 

0m坑道 上部の鉱区より
滝のような水が流れている。

 

 

 

 

 

60m坑 地底湖エリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0m坑道 分岐

この先は200m位で
閉塞していた。自然崩落によるものだった。
地表部には若干の陥没が見られる。

 

 


週末探検隊オペレーターの写真(自然崩落部)

 

 


途中竪抗からの光が見える。

 

 

トロッコの台車が埋もれていた。
70m坑付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一期調査時まとめ 動画

 

 

 

木造だった鉱石を乗せるバケットは
朽ち果て、車輪しか残っていない。

 

 


斜めに削り取られ

 

 

 

 

 

 

どのくらい進んだのだろうか?入り組んだ坑道を抜けると
巨大な横の空間が存在した。

 


よく崩落しないものだ。そんな様に思える空間だった。

 

 


外から見れば普通の山だが、内部は大きく空洞があることになる。

 

週末探検隊と合同での第二期調査時動画1
前日入り坑内宿泊した週末オペレーターを探せ!編


前回ビデオのレンズは通常レンズだったが、この為に急遽広角レンズを購入した。

 

 

 


この空間をベースとすることにした。何かあればここに集合することになる。
周りから見通しが良いのでここに光があれば迷う事はない。

 

週末探検隊と合同での第二期調査時動画2
前日入り坑内宿泊した週末オペレーターを探せ!発見編

 

 

 

 

 


ベース方向を撮影。


ベース方向(2名のオペレーターが待機している)

 

ここから各自分かれ単独で坑内の奥行きを調査してみる。

 


更に奥で発見した巨大な空間。軌道が入り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末探検隊と合同での第二期調査時動画3
消えた隊長と鯖氏を捜索し、更に未到達エリアを探索せよ編

 
坑道を更に下ってみた。

 

週末探検隊と合同での第二期調査時動画4
隊長と鯖氏を発見。新たな脅威、我々以外気配編

 
下った分今度は上がる事になった。あまりに広く迷う感じだった。
そして未到達エリアを探索する事になった。

 


更に下に空間を発見、軌道の敷設も確認できた。

 

 


見えた軌道まで降りてきたが更なる軌道を下部に発見する。形状は畦畑状になっており、平地には軌道が走っている。
5段から6段のフロアに分かれており上部側を合わせれば10段近い段々な空間になっている。
これは野球場が入ってもおかしくない広大な広さだ。縦200mほど、横は300mになるのではないか。
この様な空間が今後3箇所発見する事になる。
流れは動画を見ていただけると広大な空間と言う事がわかると思います。

 

 

週末探検隊と合同での第二期調査時動画5
未到達エリアを下れ!編

 

 

 


未探索エリアが残る為、更に奥へ足を進める。

 


坑内インクラインが崩壊したようだ。宙吊りになったバケットが残る。

 


すぐ近くには変電設備が残っている。

 


何かの動力を伝えるものだろう、インクライン用か?台座には操作部が消えていた。

 

 


上部に気になる箇所を発見した。もう一つのフロアがあるようなので
単身登ってみる事になった。しかしながら空間は小さく、用途は採掘用と思われた。

 


このフロアにも地底湖があった。これより下部のレベルはすべて水没している。

 

 

 

 

 

 

 


週末探検隊オペレーター撮影

 

 

 

 

 


週末探検隊オペレーター撮影
インクライン部、このレベルより下の水没を撮影、深さはどの程度あるのだろうか?

 


週末探検隊オペレーター撮影
この先は大切坑と呼ばれ排水を目的としている。私は残念ながらこの日にはいなかったが、
大切坑まで行ったらしい。

今回はここまでの探索であった。
まだ未到達を数多く残す。日が合えばまた探索したいところだ。
数百枚と言う数多くの写真を撮影して公開したいところですが、
スペースの問題上申し訳ありません。

ご覧頂きまして本当にありがとうございました。
オペレーターの皆様お疲れ様でした。また機会があれば探険しましょう。

 


おまけ映像 休憩

 


第二ベースでの休憩

遺構調査機構トップへ戻る

 

佐渡鉱山 鉱山 廃坑 廃鉱 地下 竪坑 立坑 マイン