住友赤平炭鉱 設備

 

排気斜坑

 

炭鉱の排気用設備 中央竪坑を中心に、南側に存在する本件の南排気竪坑、北側に北排気竪坑があるが、
北側にある排気竪坑は解体され、封鎖処理がなされたといわれている。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉が開いている状態で土砂が流れ込んでいる。風水害でこの様になったのだろうか?甲信地方や伊豆地方にもこの様な
土砂がなだれ込んでいるホテル施設や坑口は見た事がある。どちらも土砂崩れがある様な高い山や丘が無いのだが、
水分が多い土砂は想像以上に水のようになだれ込み固まると聞く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モーター室裏手にある排気斜坑 金網で封鎖されている。

 

 

 

 

 

急な傾斜になっており、斜坑状になってはいるが、竪坑と名があるために、この先は竪坑が存在するのかもしれない。

 

 

 

 

 

水没しているように感じたが、石を落とすと着水音や着底音がしない。硬めの泥があり、突き刺さってるのではないかと思う。

 

 

 

 

 

 

遺構調査機構トップへ戻る

 

廃校 廃坑 廃鉱 地下 竪坑 立坑 マイン