帝国産金興業 大仁鉱山 廃鉱 廃坑 廃鉱山 坑道 地下
大仁金鉱山跡
【単独潜入】 Gold mine OHITO

この鉱山は静岡県田方郡修善寺町瓜生野(うりゅうの)にあった金山である。
旧大仁町との境界があった狩野川のほとり、台地上にある瓜生野地区が主な金の採掘場であり、
西方斜面に象徴的な浮遊選鉱場が存在していた。

大仁鉱山選鉱場 選鉱場跡
過去には美しい形状の
建物が建っていた。

以下に過去の写真と
その映像先を載せておきます。
非常に貴重な映像です。


参考情報先:帝國産金興業鉱山跡
 

 

やがて坑道が見つかった。
周辺を確認してみると
この付近には数ヵ所の坑口が存在すると
言われているが、発見された坑口は
2箇所だった。

扉には名古屋大学の研究らしく
「地震予知研究の為立入禁止」と
書かれている。
しかしながら整備されている様ではなく
電気も供給はストップしており、
既に廃棄されている。
坑口上部には銘板が填め込まれていた
跡が見受けられる。
坑口名は不明だった。

温泉が湧いている坑口があると言うが
この場所ではないようだ。

 

すぐ左手にはもう一つの坑口がある。
こちらの扉は開け放たれている。
お陰さまで許可を得させて頂いているので
入坑を開始。

 

坑内に入るとすぐに扉が見える。
その奥にも扉があるようだ。

まず扉一つ目を
「第一隔壁」と命名し、先に進もう。

 

第一隔壁を抜けた先。
ポツンと錆びたドラム缶が
置いてあった。
第二隔壁が見える。


第二隔壁を越えた場所。
この坑道は地震研究で使われていことは
間違いは無いと思われる。
この扉の多さから伺える。

壁面は吹き付けコンクリートで
覆われている。
地面も整備され歩きやすい坑道だった。
目の前には第三隔壁が見えている。

 

第三隔壁を越えて入坑口方向を撮影。

右手は入坑してきた第三隔壁。
左手は冒頭で述べた坑口。
V字状で掘られており、
この場所で合流している。

 

そてでは先に進もう。
第四隔壁が見える。左手には
廃材が置かれている。


第四、第五隔壁と抜ける。
すると、長い坑道になる。
しかし、先が見えるが行止りであろうか?

 

行止りと思われた場所は二手に
分かれていた。
まず支道と思われる右手に行ってみた。

 

右手に進むが、この場所は軌道が敷かれているのが
確認できる。あまりにも綺麗な状態であるが、
舗装されてはいない。


やはり数十メートルで行き止まりだった。
壁面にセンサ等が埋め込まれている状態ではなく、
スイッチボックスと蛍光灯が設置されている。
しかし、ここで何かが設置されていたと
思われる。
主坑道へ戻り先へ進んでみよう。

 

そして扉は第五、第六、第七隔壁と連続で続く。
第七隔壁は下の部分が見えている。
見る限り今までの歩きやすい足場ではなさそう。

 

最後の第七隔壁を越えた足元。

入った瞬間に思った

「ここが本当の坑道だ。」
なにも整備されてない当時そのままの状態。

レール、トロッコの車輪が転がっており、
廃材が残っている。

 

左手には竪坑jらしき物が見える。
通気は非常に良い状態であり。
扉が何か所もあり
酸欠を懸念したが、問題はない状態だ。

 

鉱山で働く際の注意書きなどだろうか?
プラ板に何か記載している物が
落ちている。

 

しかし!

この記載分は変だ!鉱山の人では
分かりきった事以上の文面だった。
これは鉱山を第三者へ紹介する
文面だった。

観光坑道でもしていたのだろうか。。。。
今まで聞いた事がない。

後述に記載してあります。
過去にゴールドタウンと言う観光施設があり、その中で坑内探検が出来たと
言われている。


ここから先が当時そのまま
整備されていない坑道になる。

 ぃよし!!!行ってみるぞ〜!!!!

えい!えい!お〜〜〜バタン!!!!!!おぉぉ。。。。。。


ビクッ!!!な!何この音は!

あ!そうだった。扉を閉め忘れたのかもしれない。

開かなかったら嫌だなぁ。。。。。

そして第七隔壁に戻り、ドアノブを回し押してみた。
???????  ?!
しまった!!!!!!!開かない!!!!!!


閉じ込められてしまった。。。。。。

気を落ち付かせて扉を引いてみた。
ガタン。
あっけなく扉は開いたwww


入る時に押して入ったのだから、内側から押してもしょうがないw
引っ張るのが当たり前だw

この大きな音が怖いので、しっかり閉めてきた。
状況再開!


坑道は三方向に分かれている。
まずは右手から進んでみよう。

 

竪坑が現れた。
奥は行止りになるが
小部屋がある。昇降機の
巻上室でもあったのだろうか。

この先何故か木材チップが敷かれ
ふわふわとした感触の地面だった。
竪坑手前、どんなトラップか
分からないので近づく事を控えた。

 

しかし、見てみないと気が済まない。
四つん這いで這って竪坑に進んでみる。

深い。。。。。

昇降機はガイドレールがない事から
簡易的なクレーンの様なものだったと
思われる。

天井にはプーリーの様なものが
付いていた。

三方向に分かれる場所に戻り
真ん中を進んでみよう。

 

真ん中の坑道はほんの数メートルで
崩落していた。
崩落の山を登ってみたが
この先には行く事が出来ない状態だった。

 

三方向の内一番左手を進んでみる。
軌道が敷設されていたようだが、
枕木、レールは取り外されている。


左手に曲がり進むと
右手は先に進む坑道、
左手にも坑道があるが、その手前は
竪坑道になっており、誤って落ちない様に
砂利を山の様に敷設されていた。
竪坑より先に進む坑道へはこの坑道から
辿り着く事が出来なかった。

 

更に二手に分かれるが、やはり左手は
竪坑になっている。
そして右側は進む事ができそうだ。

最終的には崩落をしていた。
しかし、この瓦礫を登ってみると
先がある感じであった。
しかしながらこの奥に行くには
結構圧迫感がある。

次回また来る事にしよう。


この日は、週末探検隊が不定期に開催している「装備評価演習」(買い集めたアウトドアグッツを使い倒してみる訓練。)
簡単に言うとキャンプであり、皆の活動内容を聞いたり、見たりと探検場所の情報交換等しながら
肉を焼き、ビールをカッ喰らう集まりがある。既に皆集まり始まっている頃だろう。
私も買出しに行きながら演習場に向かう事にした。

江戸時代には瓜生野鉱山と称されていたが、昭和時代の再開時に隣接する八幡鉱床などを併合し、
狩野川を挟んで旧大仁町に隣接していたため鉱山名は町名に改称された。

天正年間に発見され、伊豆金山の開発に注力した江戸幕府金山奉行・
大久保長安によって慶長年間に最盛期を迎えたものの、その後は休山した。

1933年、帝國産金興業株式會社(現在の帝産観光バスの母体)が既存の鉱区を買収し、
大仁鉱山として操業を再開する。当時、国策によって金鉱山の開発が奨励されており、
同鉱山の開発もそうしたあらわれの一つであった。同鉱山は隣接する零細鉱山を買収すると共に、
金鉱石の処理能力を高めるため1936年には一日100トンの鉱石の処理が可能な浮遊選鉱場を建設した。
ここで処理された金精鉱は伊豆箱根鉄道の貨物列車で茨城県日立鉱山に運搬された。

1935年、坑内をボーリングした際、温泉が湧出。この温泉を鉱山労働者向けに供するべく、
公衆浴場が建設された。さらに1942年には鹿之原坑の採掘中に温泉が噴出し、
一時は操業がストップするまでに至った。これを活用すべく、鉱山労働者向けの
公衆浴場を改装して観光客向けにも開放した「帝産閣」と呼ばれるヘルスセンターがオープンした。
戦後、この温泉は帝産閣以外の周辺宿泊施設にも供給されるようになり、
大仁温泉(修善寺町側では「新修善寺温泉」と呼ばれる)が形成されることになる。

国策の金奨励もあり、規模を拡張して金の増産につとめていたが、1943年に金山整備令が敷かれると
大仁鉱山も整理の対象となり、金の採掘・選鉱を中止した。ただし、銅製錬用の珪酸鉱は小規模に採掘されていた。
選鉱場の施設は全て他の鉱山に転用され、選鉱場及び坑道の一部はダイキャスト工場に転用された。
坑道は地下工場として改装され、航空機部品工場の建設も計画されたが、中止となった。

戦後もしばらくは機材の喪失で操業をストップしていたが、1949年に選鉱場を再興して操業を再開。
金生産に加えて、戦時中に始まったダイキャスト事業の二大体制で再スタートを切った。しかし、
金の価格低迷、人件費の上昇、施設の老朽化などでコストが嵩みつつあったため、採掘は小休止を
繰り返していた。1958年には狩野川台風が伊豆半島に襲来し、瓜生野地区に甚大な被害をもたらした。
同鉱山も施設の倒壊や職員社宅の流失などの打撃を受け、さらに坑内に浸水して切羽が水没するまでに至った。
施設の復旧に尽力したものの金価格の低迷や資源枯渇などもあり、操業休止を繰り返し1973年に正式に閉山した。

鉱物
鉱床は典型的な熱水鉱床で、主要鉱物は自然金。ほかに石英、黄鉄鉱、閃亜鉛鉱が副産物として産出される。

鉱脈と温泉
本鉱脈は湯ケ島統に対比される変朽安山岩および角礫凝灰岩中の鉱脈であり、
走向はほぼ南北で傾斜は垂直である10)。
温泉は同じく鉱脈を胚胎する割目に沿つて湧出流動し、下部坑道の北の引立てから湧出している。
坑内における温度は最高69℃,坑口排水の温度は37℃、泉質は含食塩芒硝性苦味泉である。
この鉱脈の鏈先に現在大仁町の温泉の泉源が存在する。大仁温泉の温度の一つは65℃、
泉質は含食塩芒硝性苦味泉である

閉山後も、ヘルスセンターとダイキャスト工場は1990年代まで操業を続けた。
とくにヘルスセンターは戦後、「帝産閣」から「帝産ヘルスセンター」に改称した。
経済成長に伴って施設の拡張が続けられ、ジャングル風呂や黄金風呂、温水プール、
旅館部門なども開設されたが、施設の老朽化と入場者数の減少により、1990年代に閉鎖された。
鉱山跡地には西部劇を模した遊戯施設や坑道見学のできる、「ゴールドタウン」と
呼ばれたミニ遊園地が作られたが、早い時期に閉鎖されている。
瓜生野地区に面した位置に存在していた、大仁鉱山のシンボルである大規模な浮遊選鉱場(後述)を
はじめとして、変電所・倉庫・シックナー・事務所等は既に解体されていて現存しない。
職員社宅は瓜生野地区と狩野川対岸の横瀬地区にあったが、先述の狩野川台風で流失しており、現存しない。

採掘場のあった谷には江戸期と昭和期の坑口が残されているが、いずれもブロック等で封鎖されている。
また、この一帯は再開発されておらず、手選場などの鉱山施設や山神社(カナヤマヒメを祭神とする)、
先述のゴールドタウンの建物、戦後の再開直後に書かれたとされる作家・武者小路実篤の鉱山記念碑、
大久保長安記念碑などが残されている。しかし、長年の放置によって風雨に晒されるなど荒廃が著しい。
現在同地では、温泉施設「百笑の湯」が営業している。

遺構調査機構トップページに戻る