廃校 鉱山 廃鉱 坑道 地下

 

円筒小学校

 

1906年  盤之沢簡易教育所として20名で発足

戦後の1947年、沼東小学校と名称変更

1958年〜59年にかけて校舎の老朽化と増え続ける児童数に対応する為に改築を行う事になり、

少ないスペースで多くの児童・生徒を収容出来る円形の建築デザインを採用校舎(円形校舎3階建て2棟)を新築。

29学級1570名が在籍

1972年美唄炭鉱閉山

炭産業の衰退化による美唄炭鉱閉山して、影響を免れる事が出来ず児童数が減少、
炭鉱の閉山から僅か2年後の1974年に閉校となった。

沼東小学校 旧写真1


過去に2棟存在していたが、現在は円形校舎1棟と、校門、体育館がかろうじて残っている。

 

沼東小学校1階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育館は骨組みしか残っていなかった。

 

 

 

 

 

遺構調査機構トップへ戻る

 

廃校 廃坑 廃鉱 地下 竪坑 立坑 マイン