日○ 鉱山 廃坑 鍾乳洞秩父鉱山 日窒 坑道 鉱山 廃鉱 立坑 道伸窪

【単独潜入】 
金色に輝く坑道

この上部には厳重に封鎖された坑口が残る。
坑道図ではそのレベルに辿り着くには、通気坑道を降り、連絡坑道まで到達後、
選鉱場が残る側と反対方面に進む事で行く事ができるようだった。
過去にこの地に来た時に通気用坑道は確認済みだった。
さて目指してみよう塞がれた鉱区の坑道へ。。。


通気坑道を下る。現在地は入坑場所から
ほんの5m程。
坑内の高さは低く現在は屈んで降りる事になり
膝が痛くなる。
各種ケーブルが天井を這っていおり、
地面には鉱水排出用か?配管が残っている。

 

入坑より7m
この場所から、ほんの5m程だろうか?
左側にカーブする様に水平坑道に移る感じだ。

 

水平と思われた場所へ辿り着いたが、

目の錯覚であった。。。更に下へ下っていく。
この写真は入坑方面に振り返り写した物。
この位置から入坑口へは右上に上がっていく。

 

傾斜はきつくない様に見えるが実は斜度がある。
どこまで続くのか?
坑道図では、凡そ60m
残り半分弱位か?もう少しがんばってみよう。

 

しかし、たった60mの長さと言えども
屈んでの移動は大変疲れてしまう。
足元は悪いし、さらに配管は入組む具合が
増してくる。

 

そしてようやく連絡坑道が見えてきた。
しかも現在の坑内の高さは低い場所で60センチ程。
写真の様に座り込んで、低い位置にある連絡坑道へ
目の前に見えるハシゴにつかまり降り立たなければ
ならなかった。

」
振り返るとこんな感じ。
途中から支保工が支えている形状だった。

 

連絡坑道へ降り立った。
写真の方向へ進むと
目的である鉱区へ行くことができる。

反対側は選鉱場へ続く。

 

このハシゴを使い通気坑道から連絡坑道へ降りた。

 

坑内は金色に輝く感じだった。

写真では伝わり難いが軌道の間を流れる
水も透き通っており綺麗だった。

 

しばらく歩くと右手に坑内をフラフラと揺れるものが
現れた。菌類と思うがもう少し寄って見よう。

凡そ40〜50cm位の長さだ。

 

触る気はしないがなんともフワフワとやわらかそうだ。
二本足でコウモリの様にぶら下っているように
見えるが、動く物でないので安心した。

近づいたら、毒を噴きかけてきたり、
襲ってくるなんて事は無いと思うが。

そんな事があってもこれなら勝てそうな気もするw

 

 

 

完全な地下性菌のキノコは、多少なり栄養があれば光合成を
必要としない。こんな暗闇の中でも生きている。

 

坑道図どおり、真っ直ぐ行く坑道と
左手に折れる坑道がある。
目的に辿り着くには左手に
曲がる方角へ進む様だ

 

左手に曲がった先は鉄板により坂ができていた。

しかし、この時はこの通路が何でできているか
知る術も無かった。

 

 

 

所々つなぎ目が。。。。

???

こ、これは。。。

 

 

 

グランビー鉱車ではないか!
鉱石を運ぶ為のトロッコの四面のうち三面を切り取り
泥濘で歩けない場所へ橋の役割をしていた。

これはトロッコを再利用した橋を担っていたのだ。

 

 

 

橋の終点は鉱車の横を切断してスロープ状になっていた。

右手に橋となる事を免れた鉱車が置いてあった。

 

 

 

前方に何か遺構が見えてきた。

おそらく立坑だと思われる。

 

やはり、立坑の昇降機があった。
しかし、この先この立坑しかなく、
行き止りである。

坑道図を見ると先に続いているが、
実際には続いていない。。。

さて、困ったものだ。。。。。。。

そうだ!!!

ここまで来たのなら、登ってしまおう。
登った先には上層レベルの坑道に辿り着くのではないか?
しかし、錆で腐っているかもしれない
ハシゴを掴んで登るのも、破損→落下→
即死

とあまり好ましい状況とは言えない。。。でもここまで来て「ハイ!終わり」も寂しい。

 

「深い・・・深すぎる」
これを見るとゲンナリきてしまう。。。
初っ端今いる、0レベルで手を掛けて
ほんの30cm足が浮いた直後、ハシゴ破損、
この下へ落下。。。それも辛い。
たった30cm登っただけで60m
近くも落下してしまう。。。
何処かに引っかかればいいが、
そんなにうまくいかないかもしれない。

写真左手の支柱のスパンは
凡そ3m、等間隔で支柱があると思うが、
そうすると・・・
 

拡大図

拡大してみたが、この様に60m〜70mの
深さがあり、写真でも実際に見ても、
途中まで深く見えるが、それ以上深いと
「深い」と言う現実感が薄れてくる。。。

これが支柱間3m等間隔と言うと、
拡大図部分からでも、底まで30mはある。
何故か実際の現場でも絵にしか見えない。

 

 
パイプ位置から撮影


しかし上を見上げると、これまた高いが、
下るよりも、高さは少ない。
おそらくは30m位ではないか?

左手に見えるハシゴを登っていこうと
思うわけだが・・・。

拡大すると、真上が鮮明に分かる。

 

さて、立坑を登るために裏手に回ってきたのだが、
この右手のハシゴを登る。

ちょっとハシゴが不安だけど、意外と頑丈だ。
やがては朽ち果て落ちると思うが、
今はまだすぐ崩壊と言うことはなさそうだ。

 

20m程登っただろうか?

スピードライトを持ってこなかったため、
ショボイ標準装備のフラッシュだけでは
光が届かない。しかも三脚を立てる
場所も無い。。。
0レベル行動はおろか、昇降機さえ
この暗闇では見ることも出来なかった。

さてあともう一踏ん張り。

 

このハシゴの長さが長い。。。
途中休むシーンはこんな感じで
支柱に足をかけるかして写真を
撮らなくてはならなかった。

そしてすぐ上には横穴を発見!
「とうとう〇〇〇鉱区か!」と
期待した。

 

しかしホールの様になっているこの空間のほかに
進む先は見当たらなかった。
この写真に写る装置は、
立坑から運ばれた鉱石をここで流し込み
貯蔵をする為の貯鉱槽だった。
三角形をした所で左右二ヶ所にある鉱石貯蔵槽へ
分かれる。

覗いてみるが、後に何処から搬出されるか
発見する事が出来なかった。
下に鉱石が溜まっている為だろう。

後に搬出する場所を発見した。
(後日合同オフにて)

 

槽を覗いてみた。
立坑と変らず深い。。。15m位の深さであった。

 

それでは立坑に戻り上部を目指そう。

しかし辿り着いた先に上層レベルの水平坑道が
見当たらない!何度色々な場所を照らしても
発見はできなかった。

もしかして。。。。

 

この立坑は0レベル坑道より
下から採掘された鉱石を
一時的にこの立坑を上がり、
鉱石を貯蔵する
貯鉱槽へ注ぎ込むだけの
昇降機であった。
上層レベルへ行くための
立坑では無かったのです。
すでに昇降機の大きさや形を
見て分かった方も
いらっしゃると思いますw

そうです、登り損でしたが
この目で最深部を
見る事ができ、到達不能地点まで
行けた事、なにより
「行ってみないとわからない」の
謎は解けました。

じゃあ今度は下へ行ってみるか?
下から目指していた坑道に
接続できるのでは?

今日はもう勘弁。。。

正直疲れました。

それではまたこの立坑を下り、

地上へ帰ろう。。。

 

 

 

 

以下の写真は後日談!

前回単独で潜入したこの坑道、
安全性も問題なしの為、YARUO氏、mog氏、ドイテフ氏の3名と共に再訪した。

前回竪坑の昇降機動力室と確認していたが、
上部坑道を目指す目的があった為に
立ち寄らなかった坑道。

今回はそこを確認してみよう。

 

膝下辺りまで水没しており、ゲームではないが
何かが水中を迫ってくるのではないか?
そんな恐怖もある。

実験室的な風景がそうさせるのだろう。

 

我が弟のようにかわいい、探検ムードメーカーのYARUO氏
探検以外にも趣味が合う友人だ。

水深の深さを周辺の大きさが分かる。

 

操作場所がある。すべての場所で水没をしていた。

 

巨大な巻上機だ。

 

冷静沈着なドイテフ氏、時たま突拍子もない事をしでかす。

義理堅く信頼できる友人だ。

但し、理不尽を嫌い、約束を裏切れば牙を剥くだろう。

 

この場所から上を目指せると思ったが、
生憎ハシゴは寸断されていた。

 

遺構を非常に大事にする友人のmog氏

探検ではnao氏と同じくロープワーカーであり、
懸垂下降もこなすようになった。
若さゆえに派手でハードな運動神経があるが、
自分の実力内でおこなっており、
決して無理をする人物では無い。

 

土砂の流入があるが上部に隙間があり、
先に進めそうな坑道があったが、
ゲートの存在があり、竪坑の可能性も懸念された為に
近づいてはいない。

竪坑の口が開いた場合は
水流と共に吸い込まれる事になり、
瞬間的な体の切り返しで逃げ切る事は
無理だろう。

 

この場所から左手に進むと竪坑と揚力室だが、
汚泥が酷く正面を進んだ事が無かった。

不意に口を開ける竪坑に注意をしながら進んでみよう。

 

途中にはホッパーらしきものがあった。
木造であり、古いものであろうか。

木製のハシゴが見えるが、とてもではない
金属製であってもここを登る気はしない。

 

木製ホッパーの先には
大型のコンクリート製のホッパーがあった。

竪坑を登った際に発見した貯鉱槽は
この場所ではないかと推測されたが、
位置が合わない為にこの上部を確認してみないと
分からない。

 

土嚢が積まれせき止められている。
架線が複線から単線になっているし、
そのまま線が続くと言う事は
奥は続いていると思われる。

ドイテフ氏が確認すると、土嚢の先はやはり
深く水没しており、更には泥の堆積が酷いと
思われるので先に進む事を諦めた。

 

行ける範囲でこの坑道は全て行き尽くした。状況終了

遺構調査機構へ戻る