廃墟 ニッチツ 日窒 廃鉱 鉱山 坑道 秩父

【単独潜入】 鉱山集落跡

凡そ5年前に来た鉱山集落にもう一度来てみた。
しかし壮大な荒れように開いた口が塞がらなかった。ただ呆然とするしかない状態でもあった。
大好きだった場所だけに大変残念であった。。。。

現在は崩落等の危険の為に、所有会社による見周りがあります。駐車車輛には
「不審者を見かけた場合はご連絡下さい。」とやんわりとした文面の記載された紙を張られますが、
車輛ナンバーは防犯上撮影をされております。裏を返せば「マークしているぞ」と言う事になります。

当時の写真(選鉱場)

当時の写真(選鉱場)
1.選鉱場  2.分析室  3.電気係室  4.土建係知室  5.元山索道場  6.事務所  7.供給場  8.組合事務所
9.運動場  10露頭部  11.本索道  12.某鉱区索道

 

索道鉄塔跡

索道バケット部

 

(この鉱山の坑道内)
採掘後の山の中は大きな空洞になっている。

 


建物内に入っていないので何の建物なのかは分からない。大きさから公民館の様に使われていたのか?
かなり草木に覆われてしまった。


2006年撮影



最近まで人が住んでいたと言うが、ほんの数年でここまで自然に飲み込まれる物なのか。。。


6年前、この村にも人は住んでいた。

 

 

 


扉が開きっぱなしの住宅もある。 鍵が壊された形跡があった。。。。

 


行き交う人々もいなくなり、草木に覆われる路地。
 

 


こちらも路地と思われるが道幅は広く広場になっており、当時の人たちはここで団欒でも楽しんでいたのだろうか。

 

 

 


 


畦畑の様な段々状の集落、各建物を結ぶ階段が多く残るが、最近は誰も通らない。

 


外れて無造作に倒れている門扉が切ない。。。。

 

 

 


 

 


元々干し梅だったのか?瓶に入った普通の梅干しだったのか?

 


年数が浅い為か、アスファルトのヒビを突き破る植生は見られない。と言うか、この場所まで管理の方が
頻繁に車で入ってくるらしい。綺麗なのも頷ける。

 


ここは保育園だったとの事

 


既に動かなくなった時計がもの悲しい。 しかし、一部の住宅跡の時計は正確に時を刻み
時刻もあっていた。。。。たまに電池でも交換しにくるのか?それとも寝泊りする場合が
あるのか?
 

 


草刈りもされず寂しい路地


2006年撮影

 

 


自分が初めて来たときにはここまで荒らされていなかった。扉はガラスがあり、十字の板もされていなかった。
ここまでされるとは思ってもみなかった。
2006年撮影

 

 

 

 


ここより先は稼働中の為に立ち入る事が出来ない。引き返そう。

 


学校があった場所に行ってみる。

 


5年前に初めて来た。しかし自然に壊れた部分が多い事に驚いた。たった数年で床が完全に歪んでいた。

 


黒板もかなり記念落書きがされているが、5年前は殆ど書かれていなかった。一人で大きなスペースを使わないで
他の来訪者の為にも謙虚に遠慮して書けないものか? 自分は書いた事がないけどwww

 

 

天井もここまで剥がれていなかった。

 

 

 

 

崩壊の早さに少々さみしさが残る探検だった。

 

廃墟資料一覧に戻る

遺構調査機構へ戻る